ヤンキーくん:ネタバレ

事件の発端

ことの始まりは、加賀勝と同級生2人のヤンキーの3人がバイク、ヤマハのマジェスティCのカギが付いていたので盗んだことからです。バイクで遊んだあげく、バイクは川に入水してしまいます。
実はそのバイクは、愛沢連合の総長、愛沢浩司のバイクだったのです。そして証拠が無いまま、3人は呼び出されて15人に囲まれ、愛沢にバットで殴られます。しかし、勝は持っていたナイフで愛沢の腹を刺します。
しかし、分厚い脂肪で愛沢は助かり、勝はリンチされて、ウシジマのカウカウファイナンスに連れて行かれます。要件は勝に200万円を貸してやってくれということです。愛沢にバイクの金や慰謝料などを払わせるためです。
ウシジマは、200万円の要求を証拠も無いし、双方の怪我の度合いを見て2000円で話をつけます。 愛沢は怒りますが、ウシジマの貫禄勝ちでそのまま引き上げることになりました。そして勝はカウカウファイナンスで雇うことになりました。

 

マサルの裏切り

勝は、仕事も慣れて闇金のノウハウが身に付いた頃に、顧客リストを盗み密かにマサマサファイナンスという名前で闇金を始めます。
服が、ベルサーチに変わったり、友達におごりまくったりして浪費しまくります。しかし、そういう鼻っ柱を折るようにウシジマが勝の母親をデリヘルに送る為に事務所に呼び、勝に借金の肩代わりをさせました。
実は、すべてウシジマは分かっていてマサルを泳がせて、一生懸命に働かせて、回収していたと見るのが正解だと思います。

 

マサルの仲間の裏切りとカウカウファイナンスの危機

それから、マサマサファイナンス(マサルの副業闇金)の際に手伝わせていた、後輩3人(3人とも迷彩柄の服を着ています)と同級生の友人2人は、マサルの金周りの良いのを妬み、愛沢にバイクの件の犯人だということを知らせます。
そして、マサルは愛沢に捕まり200万円の現金を払おうとするのですが、買った架空口座にあるはずの200万円以上の現金はすでにウシジマに引き落とされており、更にロレックスの時計も母親に質屋に持っていかれて無いという、間の悪さで、お金は1円も払えません。激怒した愛沢が指示して3人の後輩の1人の12歳の子供にマサルを殺させようとします。手足を縛り、顔にナイロン袋をかけさせて、ガムテープで息を出来ないようにしたのです。 しかし、マサルの母親の借金を取り立てに来ていた、高田に間一髪助けてもらいました。 その後、マサルは高田と共にウシジマ社長に今までのことを謝り、もう一度カウカウファイナンスで働かせてくれと懇願し許しを得ました。
その場で丑島は、警察の動きがおかしいので、警察に現金と他の闇金業者のリストを送る段取りをしました。その後丑島は、滑川の上司である、二代目猪背組理事長(若頭)の熊倉義道に300万でおもちゃ屋の在庫を引き取れと請求されました。

 

愛沢の暴走

その頃、愛沢達は、滑川への200万円を払うため、丑島を襲撃して金を奪おうと予定を立てていました。それは、他のメンバーがマサルの給料日を覚えていたため、銀行からお金を引き出すタイミングを狙う計画です。そして士気をあげるために、6人で愛沢秘蔵の薬物(マリファナかコカイン)を鼻から吸引します。
その勢いでスラッパーとスタンガンで武装し、更に滑川が墓場に隠していた、トカレフのような拳銃も用意しています。
拳銃を持ったことと、薬物で気が大きくなった矢先、滑川に脅されて、てんぱった愛沢は、まったく見ず知らずのカップルに強盗を働き、女性の方を強姦してそのまま2人を被害者の車に拉致してカウカウファイナンスの前で見張ります。
愛沢達は、銀行に出かけた、カウカウファイナンスの社員、柄崎貴明と加納らと、取り立てに回っている高田とマサルを2手に分かれて尾行しました。
柄崎と加納はスラッパーとスタンガンで襲われて、鞄を奪われました。しかし、現金が無く、暗証番号を聞き出すために、高田とマサルは拉致されてしまいます。
そして、愛沢達は拉致した4人と6人の仲間の10人でラブホテルを根城にして、対策を練ることにします。

 

丑島の機転とマサルの機転

銀行を出て5分で電話連絡をすることを義務づけていた丑島ですが、現在は、柄崎と加納からは連絡が無く、高田とマサルは電話に出ないという異常事態になっています。強盗に襲われたか警察の一斉確保されたかの2択になりました。ウシジマは、高田の携帯のGPSで位置情報を確認するとその場所には警察署があったことを発見します。
外出している社員全員に連絡がつかないということとGPSの情報で一斉に警察に身柄を確保されている可能性が高いと感じた丑島は顧客リストをシュレッダーにかけはじめます。1つのリストにつき12万ほどの損害が発生します。
その頃、愛沢が暗証番号を聞くために拷問を受けていたマサルと高田ですが、白状はしません。そしてマサルが機転を利かせて元仲間を説得し丑島の携帯電話に発信します。そして愛沢との話で位置情報と、愛沢達に拉致されていることを丑島に伝えることに成功しました。そして丑島がこちらに向かっていることを愛沢に教えます。その少し前にマサルの後輩3人組が勝手にラブホテルの扉を開けて買い物に行ったのでラブホテル側が、何で扉が開いたのか部屋に電話をかけてきました。
その電話を丑島からの電話と勘違いした愛沢は、ウシジマを先にGPSで見つけて暗証番号を聞き出し、金を奪うためにラブホテルを出ます。
しかし、ウシジマはそのことを読んでいて、やくざの熊倉義道に現金を届けに行っていたのです。
店に拳銃を持って飛び込んだ愛沢は、滑川と対面してしまい、何が何やら分からなくなり、丑島を襲って、滑川に金を渡すと白状してしまいます。

 

ウシジマは、それを聞いて、「現金を持ち歩くたびに狙われたらかなわない」と金を払わないで帰ります。これは、やくざが子分のようなものを使い渡すはずの金を奪い、2度取りしようとしていたのか?という意味です。
そして滑川は木刀でヤキを入れられます。
そして、愛沢の身柄を確保した滑川は元々の計画だった愛沢を自動車事故の被害者にして保険金(労災)を取ります。
そして丑島は、滑川の計画に便乗して愛沢の嫁に、愛沢に保険金をかけさせて、300万円を回収しました。

 

滑川はその金で組長の鳩山大成にベントレー(車)をプレゼントしました。しかし組長は愛人にポンと車をプレゼントします。実は、組長の愛人はカウカウファイナンスの顧客であり、その車で返済したので、結局ベントレーは丑島のものとなったのでした。

 

 

 

ヤンキーくん ネタバレヤンキーくんに戻る
ヤンキーくん ネタバレ即日融資の闇金ウシジマくんに学ぶ消費者金融TOPページに戻る

 

 

ヤンキーくん ネタバレ関連ページ

ヤンキーくん 登場人物
闇金ウシジマくんのチャプター、ヤンキーくんの登場人物です。名前が不明なキャラも多いです。
ヤンキーくん 手口
闇金ウシジマくんのチャプター、ヤンキーくんに出てくる手口です。